2011年07月22日

裏読

東電OL殺人事件の被害者は反原発の為消された?

(二階堂ドットコム 激裏さんより引用)



 
 東京電力東京本店 企画部経済調査室副長、渡邊泰子。
 http://www.gekiura.com/~press/watanabe.jpg


 通産省との連絡役を務めた慶応大学卒のエリート女性幹部。1997年渋谷円山町のボロアパートで売春婦として殺された女性の表の顔である。



 
 渡邊女史の父も東電幹部であったが在職中に病死。
この父娘の死には原発の影がつきまとうという。

渡邊女史の父は東電公務部統括する幹部だったが当時「明るい未来のエネルギー」として期待されていた原発事業にも関わる立ち場にいた。

しかし高圧の地中送電線を東京都内に引く責任者を務めてからは反原発に転じ、社内で原発の危険性を説くようになり、副部長という役職からたった1年で降格。翌年ガンで急死・・。その2年後に予測されたかのようにスリーマイル事故が起る。


 当時慶応2年生だった泰子を、東電に引き入れたのはあの●●だったという。
そして泰子は●●が当時企画部長を務めた企画部経済室へ。

そこには現在●●長を務める企画管理課長●●氏もいる花形部署だった。

しかし●●、●●の思いとは裏腹に泰子は父の意思を継ぎ、反原発へ。

そのリポートは賞を取る程すぐれたものだったという。

 そして・・渡邊親子が警告を発し続けたプルサーマルが本格稼働した1997年、泰子は売春婦として殺され闇に葬られた。

泰子の死の翌年、●●は××取締役になり、原発推進事業が加速し、今に至るという。


 素子を殺した犯人は売春客だったネパール人(実刑確定済み)とされているが、冤罪の可能性が高く、捨てられた泰子の定期など矛盾点も多い。

東電の圧力で報道規制をかける事も可能だったろうこの事件。

OLではなく管理職だったにも関わらず「売春婦」として報道が垂れ流された、その理由は何なのだろうか。

 そして事件の真犯人、深層は。


--------------------------------------------------------------------------------

なんだか、怖い。怖すぎる。

しかし、今の警察や検察を見ていると、偽造・捏造・偽承認・偽証拠は、当たり前の世界。

最も、恐ろしいのは、やはり、東京電力。

お金を貰って、マスコミが書くことを選定しているのだとしたら、マスコミも国賊です。

原子力を推進して国を売る。

最低な輩。
同じ日本人として、恥ずかしいです。

やり口は、はっきり言って●×■のやり口。
この被害者の父親は、癌で死んだそうだけど、癌で死ぬとか、心筋梗塞で死ぬ。というのも、●×■の手口。


海外でも、週刊現代以外は、すべて、お金を握らされているって書いているけど、どうか、マスコミの皆様。
なぜ、ジャーナリストを目指したのか?なぜ。記者を志したのか?原点に戻って考えていただきたいと願います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今の日本は、そのうちに、バタバタと子供達が、亡くなります。癌や白血病や心臓病などです。
医薬品会社や医療機関は、最初は喜ぶでしょうが、必ず、財政は破綻し、保険は負担額が広がり、病院や医薬品会社も破綻します。

同時に、作物は、海外の輸入に頼るようになります。
いくら、農業が強い国だからと言っても、国民も馬鹿ではありません。
必ず、米さえも、海外にゆだねなくてはなりません。

牛肉は、最低、30年は壊滅だそうです。食べることが不可能である。と、はっきり、海外のニュースは、宣言しています。
鶏肉や豚肉・卵やミルクも、同様です。
それは、隠しきれることではありません。
手や足の短い子供達や、知能低下の子供達が、沢山、生まれてきます。
勿論、チェルノブイリ以上にです。
私の話が、作り話だと思いますか?決して、作り話ではありません。
海外の人々のほうが事実を把握しています。
『日本の福島は、チェルノブイリの20倍とも100倍』とも言っています。
そんな中、問題がない。大丈夫だ。の世界が、通用するはずがないじゃあありませんか?

皆さん。しっかりと、真実を見つけてください。
子供達を守ってください。
福島の人は、子供達を、直ちに、避難させてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今は、戦争で、放射性物質という爆弾が、雨霰と、降っている。そんな状況と、同じだと気がついてください。
この放射性物質は、貴方の子供達を危険な目に合わせるのだと自覚してください。
もし、学校が、教育委員会が、自治体や政府が、『そんなことはないです。』といったら、子供の命の為に、健康の為に、訴訟してください。訴訟は、難しいことではありません。誰にでも出来ます。訴訟の輪が広がる事、それだけが、彼らを目覚めさせる方法です。

デモ行進は、残念ながら、彼らにとっては、痛くもかゆくもない事なのだそうです。
彼らは、いっていますよ。
『デモ?この放射能の中、大変なこっちゃ!』
それが、かれらの本心です。彼らは、モラルなど、持ち合わせていないのですから、デモでは、通用しません。

自分の子供が、危険な眼に合わされるという事は、勿論、闘わなくてはならない状況なのだと言う事を、心に刻んでください。
特に、福島の人たちは、『現在が、生きるか死ぬかの戦いの真っ只中なのだ。』という事実にあるということを肝に銘じてください。

気を抜けば、貴方の子供は、危ないのです。
『あー!あの時、こうしておけばよかった。』
と後悔しても遅いのです。
大げさでも、何でも、ありません。
今は、そういう状況なのです。

マスコミの人たちが、事実を避けて通るということは、そいうい犠牲者を間接的ではあっても、作っているということなのです。
マスコミの人に聞きたいです。あなたは、今の目先のお金や地位と、貴方の子供達の住む日本の将来と、どちらが、大切だと考えますか?
もう一度、考えていただきたいと願います。


「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「


以上、転載記事です。  

Posted by ナカ at 22:32Comments(2)

2011年07月15日

新たな視点

米国を青銅器時代に戻す巨大な電子雲

 
北朝鮮の核兵器と大陸間弾道ミサイル等の実験に対しての米国の高官や米国の軍事専門家たちは常にそれを過小評価していた。
しかし、この過小評価を打ち消す評価が最近出てきた。北朝鮮が2年前に実施した地下核実験を、最近、新たな視点で眺めたのだ。 そして、それは単なる地下核実験ではない可能性が浮上している。

2009年6月15日、アメリカ政府の中の16個の情報機関を総括するホワイトハウスの国家情報局長室( ODNI )は、3つの章からなる短い声明を発表した。声明は北朝鮮側の地下核実験を続けて分析するという言葉で締めくくられていたが、その後米国は北朝鮮の地下核実験の分析結果をついに公開しなかった。

?なぜ公開しないのだろうか ?北朝鮮の地下核実験に対する米国の分析結果が公開されていない理由を明らかにする手がかりは、アメリカ中央情報局( CIA )の核兵器分析の分析官を務めたピーター・プライ博士が、つい最近 2011年6月23日、米国のボイス・オブ・アメリカの記者と行った対談の中に見つけることができる。

プライ博士の言葉によると、北朝鮮側が 2009年5月25日に実施した地下核実験は、3キロトン級の核爆発実験だった。 当時、米国は北朝鮮側が 10~12キロトン級の核爆発実験を実施すると予想したが、北朝鮮側はそのような予想を覆し、3キロトン級の核弾頭を地下核実験を実施した。

上記で引用した軍事専門家の発言に出てくる「初歩的なレベルの核弾頭」というものは、当時のアメリカが予想していた 10~12キロトン級の核弾頭だったが、北朝鮮側は初歩的なレベルではなく、最先端の 3キロトン級の小型核弾頭を地下核実験を実施した。 それでも米国の軍事専門家たちは北朝鮮の核弾頭は初歩的なレベルだと過小評価する発言を続けている。


10~12キロトン級の核弾頭と3キロトン級の核弾頭は、どのように違うのか。
小型の核兵器よりも中型の核兵器の破壊力のほうがより強く、そして、中型の核兵器よりも大型の核兵器の破壊力が強いという認識があるために、「核兵器は爆発力が大きければ大きいほど威力的だ」と見るのが一般的だ。

核兵器の威力を従来の核攻撃の形だけで判断すると、そのような一般認識も正しいと思われるが、核兵器の威力を「従来の核攻撃とは異なる新たな核攻撃の側面」から判断すると、そのような常識はもはや適合しないのである。

ここでいう「新たな核攻撃」とは、通常の核兵器との比較がされたことがなく、また破壊力がより強い高高度電磁波兵器(high - altitude electromagnetic pulse weapon =通称 EMP )を使用した核攻撃を意味する。

まず、高高度電磁波兵器についての情報から調べる必要がある。
波長が非常に短い電子ガンマ線は、酸素原子や窒素原子などと衝突すると原子の外殻にある電子が分離される電離現象が起きる。

大気中で電離現象が起これば、電が巨大な電子雲を形成していく上で、電子雲が地球の磁場に引きつけられて、らせん運動をしながら超強力な電磁波を放出する。

また、電子が大気中の酸素分子と結合するとマイナスイオンを生じ、この時にマイナスイオンが陽イオンと混合され、プラズマを生成し、プラズマは電磁波を放出する。 このように電磁界から放射される電磁波とプラズマが放出した電磁波が地上に影響を与えてしまうことが高高度電磁波兵器の動作原理だ。


電子雲を引き起こすその先端武器を「高々度電磁兵器」( EMP )と呼ぶ理由は、高高度で爆発させるものではない非核電磁波兵器と区別するためだ。
高高度電磁波兵器は、400km以上の高高度で核爆発を起こす第2世代の核兵器だ。

その効果については、たとえばもし、アメリカ大陸の中央部にあるネブラスカ州オマハの上空 400kmの高さから高高度電磁波兵器が爆発させると、その爆発と放射能は地上に達しない。
その代わりに、巨大な電子雲が空中に形成されその電子雲から強力な電磁波が放出されるのだ。

1997年7月16日、米連邦下院国家安全委員会の公聴会に提出された資料によれば、電磁波兵器が北米大陸の中央部上空50kmの高さで爆発した場合、半径770kmに及ぶ地域が破壊され、上空200kmの高さで爆発すれば半径1,600kmに至る地域が破壊され、上空480kmの高さで爆発すれば半径2,360kmに及ぶ地域が破壊されることが示された。

ニューヨークからサンフランシスコまでの直線距離は4,140kmであり、北米大陸中央部の上空480kmの高さから高高度電磁波兵器が爆発すれば、北米大陸は巨大な電子雲に完全に覆われるのだ。

北米大陸を覆う巨大な電子雲は、アメリカ全土に点在する約5,000カ所に及ぶ変電所から同時に電気スパークを起こし、発電所と変電施設を破壊し、アメリカ全土にクモの巣のように広がっている送電網を破壊する。そうなれば、アメリカは破壊された変電所と送電網を回復するためだけに最初の年は2兆ドル(約160兆円)を費やす必要があり、回復期間は最短3年から最長10年かかる。

また、送電網に接続されたあらゆるネットワークと交通網も破壊され、半導体電子部品が組み込まれたあらゆる種類のミサイルや戦闘機や空母や戦艦も破壊され、机の上に置かれたコンピュータと携帯電話もすべて破壊される。これは、米国の軍事力と産業システム、そして都市空間が全面的に破壊されることを意味する。

送電網の回復だけでも最長10年かかると試算されているので、軍事力や産業システムと都市空間の両方を回復するには、50年は優にかかるだろう。

そうなれば、ハワイとアラスカを除く米国全土では50年の間、青銅器時代に戻される。 回復期間を50年と推定しているのは、数字上の計算なので、米国が50年間の修復事業を行い、21世紀のコンピュータ時代に戻れるかどうかは懐疑的だ。
回復の可能性よりも、そのまま米国が滅びる可能性が大きいのかもしれない。



日本への攻撃

国土面積が狭い日本には大陸間弾道ミサイルは必要なく、中距離ミサイルを高高度電磁波兵器を乗せて日本列島中央部にある名古屋上空45kmの高さで爆発させることで、九州西端の長崎から青森まで、日本列島が電子雲に完全に覆われる。

北朝鮮の西海にある衛星発射場を距離測定の基準点にするとそこから北米大陸中央部までの距離は9,800 kmで、名古屋までの距離は1,200km 。

発射された高高度電磁波兵器が北米大陸中央部上空に達するまでの時間は30分、名古屋上空に達する時間は、発射からたった4分だ。
北朝鮮と敵対関係に固執してきた日本の運命は、その4分にかかっている。

そして、日本と米国にとって困ったことには、高高度電磁波兵器を開発する技術は難しいものではないという点だ。 小型核弾頭の製造技術と大陸間弾道ミサイルの製造技術があれば、高高度電磁波兵器を作り出すのは簡単だ。

高高度電磁波兵器は、韓国軍が開発中の非核低高度電磁波兵器とは比較などできないほど破壊力が強く、軍事戦略の拠点に設置された電磁波防護施設まで破壊してしまう恐るべき威力を発揮する。



高高度電磁波兵器からの防御手段は存在しない

高高度電磁波兵器から守る防御手段が事実上存在しないという点で、これは「絶対兵器」と言える。
通常だと、敵国が米国を核兵器で攻撃した場合には、米国は直ちにその国に対して、核兵器で反撃するだろうが、しかし、高高度電磁波兵器で米国を攻撃した時には、米国はすでに完全に麻痺状態に陥っており、反撃能力が喪失しているため、反撃することができないのだ。


上記のプライ博士の指摘によると、北朝鮮が 2009年5月25日に地下核実験で決めた3キロトン級の小型核兵器は、25メガトン級水素爆弾よりもはるかに多くのガンマ線を放出する超強力な電磁波兵器(スーパー EMP兵器)だったということだ。
この話を聞いて、米国が北朝鮮の地下核実験についての分析結果をついに公開しなかったことに関しての疑問が解ける。

米国は3年前、北朝鮮側が 3キロトン級の小型核兵器で実施した地下核実験を精密分析した結果、北朝鮮側が高高度電磁波兵器を保有したことを知って、その衝撃と恐怖の結果として、北朝鮮の地下核実験について分析の結果をついに公開しなかったのだ。

注目するのは、北朝鮮が2009年5月25日、地下核実験を実施する30日前の2009年4月5日に、人工衛星「光明星2号」を搭載したロケット銀河2号を打ち上げたという事実だ。

北朝鮮側がこのように宇宙発射体の発射や地下核実験を一ヶ月の間隔をおいて連続で行ったことは、3キロトン級の小型核弾頭を改良した第2世代の高高度電磁波兵器を大陸間弾道ミサイルに乗せ北米大陸の上空高く打ち上げる能力を実物に立証したものと思われる。  
 
 
  

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

だってさ。  

Posted by ナカ at 06:07Comments(1)

2011年07月14日

何かが起こる?



    NASA・ボールデン長官の前代未聞の通達。


    「NASAのご家族の皆さまへお願いしたいことは、今 皆さまが西海岸から
     離れたところに住んでいるのか、東海岸の近くにいるのか、メキシコ湾沿い
     なのか、五大湖の近くに住んでいらっしゃるのかは分かりませんが、自然災害
     があなたの住んでいる地域に起こったことを考えてみて欲しいということです。

     9・11テロのような外部からの攻撃が起こった場合について考えてみて
     ください。そして、その前に皆さんがしておくべきことについてご家族と
     話をし、予期せぬ出来事に対してどのような準備が必要なのかを話し合って
     おいてください。

     ご自宅にて、家族でするべき準備がどんなことなのかを意見を出し合って
     ください。緊急時の災害対策用品一式を準備しておいてください」
                        
     さらにNASA本部からは、次のような電子メールが全職員に送付された。

    「みなさん、NASAの一員として、誇りを持って仕事に取り組んでいることと
     思います。
     さて、今回のメールは緊急を要するものです。
     今年、2011年の10月に起きる出来事に対して、充分な備えが必要だと
     いうことを勧告するものです。
     食料、水、医薬品などの備蓄を行ってください。少なくとも1年分の備蓄を
     するように、あなたとあなたの家族のために行ってください。
     これは来たる大異変に対する緊急オペレーションです。
     詳細は、NASA事務局より、再び知らせます。
     早めに詳細を知りたい方は、事務所まで足を運ぶか、メールで問い合わせを
     してください。
      みなさんとその家族の幸運を願っています。     
                     NASA宇宙局広報部







     2011年8月1日までに、何が来るか皆が知るでしょう。
     これは2011年8月1日の前に、あなたが安全なゾーンにいることを
     望む理由です。
     皆が知るとき、あまりに多くの人々があなたがしている事と同じことを
     するでしょう」



==================================================================

だってさ。


   











 
  

Posted by ナカ at 15:24Comments(3)

2011年07月04日

Hensoldt 








最高です♪

  

Posted by ナカ at 19:46Comments(1)スコープ

2011年07月02日

今日は仕事。明日は5:00起きで野球。



夕飯食って何となくマイピクチャ見ていました♪






今日は10:00には寝ようっと。

  

Posted by ナカ at 19:22Comments(0)M40画像館

2011年07月01日

説明バカウケ ますた

××××××です。
中国製でアメリカ向けに輸出されている車輌らしいです。
新車は70万円程でFRPなどはしっかりした作りですがやはり中国製です。
メーカーHP→ http://www.チョメチョメ

現状ですがセルにて始動し始動性やアイドリングは大丈夫です、エンジンはフュージョンを真似たエンジンで
特に異音などはありません、現在400km台です。
そんなに距離を走れる車輌ではありません。

何せ中国製の特有メンテナンス性は最悪でカウルも一体式なので一人では外せません。
また現在、フロントのトーインがメチャクチャなので真っ直ぐ走りません、走行中真っ直ぐ走ろうとすればハンドルが左向きになります、タイロッドの調整が必要ですがまたカウルを外す気も無いですし、下にもぐって整備する程、熱もありません。
少し乗ってもう満足しました。
他にもメインキーの接触が悪いです、交換が必要です(他のキーボックスお付けします)、タンクキャップの上部に破損あります、使えない事ないですが良くないので交換して下さい、カブ系と合いそうな給油口です、タンク下部にサビあります、フィルターを付けているので今現在は大丈夫ですが将来的にはコーティングする方が良いです。

中国製なので各部の取り付けや何もかもがアシンメトリーですこれを見て改めて日本製の正確な組み付け技術の凄さやメンテナンス性の良さに気付きました。
また購入時、ブレーキが前後3個のキャリパーを1つのマスターシリンダーでフットブレーキの為、少し怖く、フロント左右はハンドルにマスターを取り付け、リアはフットブレーキに分離させてます、これで安心して走れるようにはなりました。
またカプラーやギボシが良く抜けます、抜けた所は交換したりしてますが他にも点検した方が良いと思います。

この様な状態なのでまったく触れない方には無理です、整備できなくても信頼できるショップがあるか、
お金に多少の余裕がないと無理です、サイフのキャパがカツカツで購入するのはお勧めできません。

ただ街中を走れば群を抜いて目立ちます、恥ずかしいくらいです。


「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

以上、ある乗り物の説明文でした。  

Posted by ナカ at 19:50Comments(0)雑記