2018年12月22日

教育資金

自分用記録記事です。

 

2018 予定行動完了。







以下 備忘録。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




無可動インテリア品 です。

当然の事ながら、

確実な合法処理が施されております品で御座います。




銃身根元から銃口まで鉄棒挿入の上溶接固定

及び

切込み加工(スリット)。

及び

機関部ボルト溶接固定。

コッキングハンドルは動かす事は出来ません。

トリガーテンションは有ります。

これは旧加工?と呼ばれる貴重な個体なのでしょうか?


全体的にあまり詳しくないので分かりませんが、

例えば、コッキングハンドルが木製の個体はレアかな?と思います。




フィードカバーはオープン可能で中のフィード機構は動きます。

カバークローズは、今一怖くて完全には閉め切れていません。

(無理に閉じようとして、万が一破損したら嫌なので…)




※、ピントルのピンは、実物は使用せず、

ダミーカートリッジを代用に使用しております。

・・・一人での3脚と本体の結合/分解作業上、仮止めで留めました。

その方が楽なのでそうしました。




1942年製?

とても古いアイテムなので、色々アラなどは有ると思いますので

神経質な方はパスしてください。




■WWⅠ~WWⅡの歴史的第一級の資料だと思います


是非この機会にご検討くださいませ。

・戦車の上に必ず載っているアイテム

とか

戦争映画でも登場率、活躍率もイイ感じですし

実戦でも 頼りになる兵器として上位に挙げる戦士多数

とかとか

これ程痛快なアイテム それも超弩級のアイテムは実際に所有してみると、
とんでもなく楽しいですよ☆


発送は、
・①:本体 約160cm x 約20cm x 約20cm 約33kg

・②:3脚 約120cm x 約25cm x 約20cm 約24kg

(運搬用に折り畳んだ状態です。展示の際は、開いて下さい)

・③:本体から外したグリップ、T&Eクラッチ、ピントルピン (約100サイズ)




の 3個バラ にて発送します。




上記①②③のサイズは、 梱包前のおおまかなサイズです。

発送サイズは落札者様の希望する梱包グレードによって変動すると思います。

例:厳重にするほど大きなサイズになっていきます。

※梱包はリサイクル材の段ボール、プチプチを使用して

ぐるぐる巻きにする予定です。



輸送依頼業者様は、今の所ヤマトさんを考えておりますが、

落札者様とのご協議で、他の運送会社様に変更も考えます。


<運送取り扱い地域による注意>

※配達不可能地域が有りますので下記ご参照の上ご入札下さいませ

落札後、配達NG住所だった場合、落札者都合で削除致しますので

ご注意くださいませ。

http://www.008008.jp/transport/kazai/time/




必ず入札前に配達可能地域かどうか確認をお願い致します。







尚、参考ですが

色々有り、仮に佐川急便さんになったとすると

一番大きい「本体」の梱包後の最大サイズは3辺の合計は260cmがMAXになります。

これは割とサクッとした普通の梱包グレードになるかと思います。

http://www.sagawa-exp.co.jp/send/fare/list/sagawa_faretable/attention.html




こんな感じで、輸送計画は落札者様とご協議の上 になりますので

宜しくお願い致します。




※私もこの様な商品を発送するのは初めてですので、

スムースに行かない場面も発生する事も有るかも知れませんので

恐れ入りますが、ご了承くださいませ。


--------------------------------------------------------------------------------

・・・・・幾つかお尋ねさせてください。よろしくお願いします。 いつ頃購入されたのでしょうか?購入されたのは、「シカゴレジメンタルス」さんからですか?それとも「ハッコ-商事」さんからでしょうか?もしかしたら「武器蔵」さんからですか? あとお尋ねするのは心苦しいのですが、発送元から察するに潮水をかぶった個体ということはないでしょうか?すみませんです。




A 回答



私が購入したのは、約3年前でした。前owner様は、超有名な現在も営業している専門店様から入手とのお話でした。証拠は有りません。

■塩水はかかったでしょうね。なにせ米国からの輸入ですから。

■錆などの程度は是非  でチェックして下さいませ。

オリジナルパーカライジングと思われるオリジナル仕上げが、まざまざと当時の戦況など想像を駆り立てます。
これ程、物心満足に足り、武器体系の探求心を駆り立てさせてくれる立体資料は他に有りません。
死ぬまでに一度所有する事で深まる達成感と更なるイマジネーションの旅は尽きません。












同じカテゴリー(雑記)の記事画像
新記録?
備忘録 トレポンM4さようならありがとう
ミリネタ無し。2018年12月開始「新4K8K衛星放送」を見る方法 (自分用メモみたいな記事)
スローレバー
クラウンU10プレシジョンライフル化計画②
屋外撮影隊
同じカテゴリー(雑記)の記事
 新記録? (2018-12-07 07:32)
 備忘録 トレポンM4さようならありがとう (2018-11-08 09:17)
 ミリネタ無し。2018年12月開始「新4K8K衛星放送」を見る方法 (自分用メモみたいな記事) (2018-10-18 06:34)
 スローレバー (2018-10-17 20:25)
 クラウンU10プレシジョンライフル化計画② (2018-10-11 06:52)
 屋外撮影隊 (2018-09-14 07:35)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。